おとなの自動車保険HOME > 補償内容 > 補償選びのヒント > 補償選び > 人身傷害の保険金額はいくらに設定すればいいの?

補償選びのヒント

補償選び

人身傷害の保険金額はいくらに設定すればいいの?

人身傷害保険は、ケガの場合の治療費や休業損害、精神的損害、事故がなければ将来に得ることができたはずの利益など、当社の基準に従って損害額を算出し、ご自身の責任(過失)割合にかかわらず、保険金額を限度にお支払いする保険です。

損害額は、被保険者の年齢・収入・扶養される方の人数などにより異なります。
また、人身傷害保険の保険金額は、1名ごとの保険金額です。お車に搭乗されている方それぞれにつき、損害額を算出し、設定した保険金額を限度にお支払いします。

以下は、年齢別の平均的な損害額の目安です。
生命保険に加入している場合は、生命保険からも保険金が支払われる可能性がありますので、家族構成や、他に加入している生命保険などの保険金額も考慮しながら、人身傷害保険の保険金額を設定してください。

■年齢別の平均的な損害額の目安

※重度後遺障害を被られた場合
人身傷害事故により、所定の重い後遺障害を被った場合で、かつ介護が必要な状態と認められるときは、保険金額の2倍(ただし、保険金額が無制限の場合は無制限)を支払限度額として保険金をお支払いします。
したがって、人身傷害保険の保険金額の設定には、お亡くなりになった場合の損害額を目安にする方法と、重度後遺障害を被られた場合の損害額の半分を目安にする方法があります。


■保険金額と損害額の関係
保険金額を2億円に設定しても、損害額が1億円と算出されれば、支払われる保険金は1億円となります。一方、保険金額を5,000万円に設定していた場合、損害額が1億円と算出されても、支払われる保険金は5,000万円となります。
このように、人身傷害保険で「保険金額を限度に損害額を全額お支払いする」というのは、設定した保険金額と実際の損害額の、どちらか低い方の金額が支払われるということになります。




ご意見・ご感想をお聞かせください

「ここが分かりにくかった」「ここについてもっと知りたい」などお客様のご意見・ご感想をお聞かせください。 お客様の声を日々取り入れていきます。

  • 投稿

選ばれるのには、ワケがあります。おとなの自動車保険が選ばれる理由 第1位 保険料が安かったから 第2位 インターネット割引 1万円! 第3位 補償内容を自由に選べる 第4位 保険料の内訳が分かる 第5位 40代・50代にぴったり

インターネットでのお申込みなら※10,000円割引!※分割払の場合は年間9,960円の割引となります。

保険料の内訳を見ながら、補償を自由に選べる。 なっトク見積り

まずはカンタンお見積り!

お客さまサポートセンター 通話料無料 0120-55-0107 9:00~18:00(年末年始を除く)

ページトップへ