じぶんでえらべる火災保険HOME> 保険金お支払い事例> 地震保険> 地震保険>

地震で棟部分が崩れ、建物基礎に亀裂が生じる【建物】

保険金お支払い事例

カテゴリ地震保険

地震で棟部分が崩れ、建物基礎に亀裂が生じる【建物】(静岡県在住のK様)

静岡県中部で震度6弱を観測した地震により、K様の自宅は棟部分が崩れ、屋根瓦がずれ、建物の基礎部分に亀裂が生じてしまいました。

被害額:¥2,000,000

    建物の損害 : ¥2,000,000
  • 棟部分が崩れた
  • 屋根瓦がずれた
  • 建物基礎部分に亀裂が入った

この損害を補償するのは

【お支払いした保険金】

損害保険金(「一部損」認定) :  ¥500,000(地震保険金額1000万円×5%)

合計  ¥500,000

事故解決のプロフェッショナルからのコメント

地震保険は、地震によって瓦が破損したり、建物に亀裂が入ったりするような損害に対して、保険金をお支払いします。大規模な地震が発生すると被害は広範囲にわたるため、地震保険では1軒1軒の被害の程度を、「全損」「大半損」「小半損」「一部損」(※)の4段階に分け、迅速な保険金のお支払いにつなげています。                          ※2017年1月1日以降保険始期契約の場合。2016年12月31日以前保険始期契約の場合は、「全損」「半損」「一部損」の3段階となります。プロフェッショナルの紹介

今すぐカンタンWEB見積りをする

【補償内容:地震保険】 保険金お支払い事例

他の事例を見る

地震保険

この補償について詳しく見る

取り上げてほしいテーマ、ご意見・ご感想をお聞かせください。

「火災保険 補償えらびのコツ」は皆様のもっと知りたいことを取り上げてまいります。「ここが分かりにくかった」「もっとこういうテーマについて掲載してほしいなど」、ご意見・ご感想をお待ちしております。

ご意見・ご感想

ページトップへ